お菓子教室スイートリボンで行われたお菓子コンテストやお菓子にまつわるイベントレポート

お菓子イベントニュース一覧
  • Photo
    アイコン2017年10月22日 エキスパートコース(バターケーキ&シュークラス)発表会 &マカロンコンクール優勝作品お披露目会

    4月にスタートしましたエキスパートコース(バターケーキ&シュークラス)の発表会を行いました。テーブルには受講生が考案された素晴らしい作品が並び、豪華なアフタヌーンティーとなりました。また先日第2回全日本マカロンコンクールに出品されたメンバーも集合。優勝した大村さんのマカロン作品「胡麻琥珀もち」のお披露目会も同時に行いました。

    PhotoPhoto
    Photo
    2013年7月ご入会 佐久間さんの作品
    「焼きキャラメルフィナンシェ」 

    <講師講評>パイクラス、焼き菓子クラスと受講し、3回目の発表会をむかえた佐久間さんは、オリジナルお菓子作りも慣れたもの。フィナンシェ生地に手作りキャラメルを加えて安定の美味しさです。

     <佐久間さんの感想>バターケーキは地味な感じがしていましたが、製法によって生地の食感が変わることもわかりました。今までは何となく製法を選び、中に混ぜるものも生地の製法に関係なく選んでいましたが、これからは混ぜるものと生地の関係を考えてバターケーキを作ることができそうです。普段のレッスンと異なり、集中して同じカテゴリーのものを作るので、いろいろな比較や違いが理解できてエキスパートクラスへの参加はよいと思います。
    Photo
    2012年3月ご入会 染谷さんの作品
    「キャラメルヘーゼルナッツエクレール 秋の香り」

    <講師講評>シナモン入りのシュー生地に、サクサクのプラリネ、マスカルポーネクリーム、りんごのコンポート、キャラメル、ヘーゼルナッツ・・複数の味を組み合わせながらまとまりのある味に仕上がっていました。最高級のエクレア、素晴らしい出来栄えです。買ったらいくらするかしら??と盛り上がりました。ネーミングも素敵です。

    <染谷さんの感想>エキスパートクラスに初めて参加しました。オリジナルの作品を作るという目標はいつもより緊張したレッスンだったり、日頃からシューの作品を意識したりすることになり貴重な体験をさせてもらえるクラスでした。基本のシュー生地は何回も作りましたので身体で覚え、少しスキルアップした気がします。あまり家で作ることがなかったシュークリームの「ディプロマットクリーム」のおいしさも改めて感じました
    Photo

    2015年5月ご入会 山川さんの作品
    「りんごのケーク」

    <講師講評>りんごのコンポートを入れたシナモン入りの基本バターケーキ生地にりんごをトッピング。しっとりした生地作りは満点です。
    <山川さんの感想>味にメリハリが欲しく、プレーンで作ったものを先生に試食して頂き、紅茶の茶葉かシナモンをプラスするかを相談してアドバイス頂きました。スライスりんごもソテーせずにのせていたので、そこもアドバイスして頂きました。カルトカールを理解すると、こんな私でもレシピを見ずに作れるようになるんだなぁと思いました。

    「モンブラン・エクレア」
    <講師講評>モンブランレシピのマロンクリームをシュー生地に挟み、リッチな仕上がりになったエクレア。シュー生地からのぞくクリームの絞りも綺麗です。

    <山川さんの感想>短期間で、集中して学んで身に付ける!!が一番実感できたクラスだと思いました。前半は、その都度レシピを確認しながら作ることが当たり前でしたが、後半に進むに従い、レシピの確認も回数少なくなり、材料の並びで流れがわかるようになりました。もうシュークリームは怖くないです(笑)気軽に作れるお菓子となりました。

    「レモンのラングドシャ」
    <講師講評>爽やかなレモン味のラングドシャ。当初は7月に発表予定だったので夏を意識した焼き菓子。甘酸っぱさがちょうどよくサクサクに出来上がっています。同じ大きさに絞るテクニックも◎。

    <山川さんの感想>作り手側の想いが少し読み取れるようになりました。配合や組み合わせでどこがどう変わるのか、自分はどれが好みなのかかなり深く考えることが出来る内容でした。今後は、今回色々と考えて出したが、実習出来ていないものを少しずつ形に変えて行きたいと思います。

    「マンゴーロールケーキ」
    <講師講評>絞った軽いビスキュイを使用したロールケーキ。マンゴークリーム&マンゴーにぴったりです。冷凍しても美味しいかも。綺麗なロール状で、カット面も素晴らしいです。

    <山川さんの感想>エキスパートコースの研究クラスの中でもビスキュイが一番スゴいと思いました。かなり内容の濃いレッスンが受けられました。まだ、手よりも頭で考えがちで作業が止まってしまうことが多々あるので、しっかりと身につける為、もっともっと練習あるのみだと思います。

  • Photo
    アイコン2017年10月16日 2017ジャパンケーキショー東京
    ギフト菓子部門出品「スイート マロン サンド」銅賞受賞

    日本最大の洋菓子コンテスト2017ジャパンケーキショー東京「ギフト菓子部門」で昨年に続き銅賞を受賞しました!!
    作品名「スイート マロン サンド」
    マロンペースト、バター、生クリームで作ったマロンクリームにマロングラセ、ヘーゼルナッツ、カシスジャムを加えてチョコレートでコーティングし、栗粉入りのサブレでサンドしています。栗の形がかわいいお菓子に仕上げました。

    Photo
  • Photo
    アイコン2017年10月10日 第2回全日本マカロンコンクール優勝!

    全日本マカロン協会主催、第2回全日本マカロンコンクーに、一次審査20名の狭き門を通過したSweet Ribbonメンバー3名が参加しました。そのうち大村さんの作品「胡麻琥珀もち」が見事優勝!!2018年5月にフランスで開催される世界大会への出場権を獲得しました。
    「胡麻琥珀もち」は、マカロンコックの出来栄えが美しく、胡麻の味、挟んだガナッシュと求肥とのバランスがよいと審査員を務めるパティシェの皆様からとても高く評価されました。世界大会の審査委員長は巨匠ピエール・エルメ氏。世界大会優勝目指し全力でサポートします。

    *大村さんの作品「胡麻琥珀もち」
    胡麻入りのマカロン生地、きな粉入りのホワイトチョコガナッシュ、オレンジ求肥
    (写真は一次書類審査で提出した写真)

    Photo

    惜しくも入賞を逃した2名の作品も、他作品と比べても全く劣っていなく、パティシェの皆様から貴重な講評&アドバイスをいただき、とてもよい経験となりました。
    *川野辺さんの作品「UME」 ピンクのマカロン生地、梅の赤ワイン煮入りバタークリーム、梅のコンポート、ゆかり
    *三好さんの作品「Our Last Summer」 黄色のマカロン生地、パッションフルーツのミルクチョコレートガナッシュ、パイナップルとパッションフルーツのジャム
    (いずれも写真は一次書類審査で提出した写真)

    PhotoPhoto
  • Photo
    アイコン2017年7月2日 エキスパートコース(焼き菓子クラス)発表会

    1月からスタートしたエキスパートコース焼き菓子クラスの発表会を行いました。オリジナルレシピで作られた素晴らしい作品が並び、想像以上の出来栄えに感動しました。

    PhotoPhoto
    Photo
    2016年10月ご入会 村澤さんの作品
    小さなクッキー詰め合わせ
    <講評>
    4種類焼き菓子詰め合わせは、小さなお子様からご年配の方まで家族みんなで楽しめるおやつがテーマです。緑茶色が地味だとご本人はおっしゃっていましたが茶色くなりがちな詰め合わせもグリーンが入って綺麗ですね。

    <焼き菓子クラス受講しての感想>
    バター、砂糖、粉の1:2:3という基本の分量と、フラワーバッター法とシュガーバッター法という基本の製法を学ぶことができて、いままで、レシピに頼らなければ何も作れなかったことから脱出できて嬉しいです。レシピの配合の違いが理解できて、自信がつきました。
    Photo
    2015年7月ご入会 松本さんの作品
    三種類のアイスボックスクッキーと胡麻のクッキー
    <講評>
    オリジナルクッキーは私には無理〜!と悩んでおられたましたが最終的には4種類も発表できました。ナッツやチョコ、胡麻を使って、形だけでなく、味や食感に変化をつけました。

    <焼き菓子クラス受講しての感想>
    私は、もともとお菓子作りの経験が少なかったので、エキスパートコースのレッスンでは、初めての製法や、材料に馴染むいとまもなく、慌ただしくレッスンが終了していました。どんな順序で何をしたのか思い出すのが大変でした。コースの終わりに近づいたころに、ようやくクッキー生地作成に慣れてきました。今ではクッキー缶にいつも色々な焼きたてクッキーが入っています。お茶の時間にどれを食べよう、、と迷う楽しみが実現できてとても嬉しいです。
    Photo
    2013年7月ご入会 佐久間さんの作品
    2種類のチーズクッキー 
    <講評>
    オーブンの調子が悪くて、作品が出来上がるか心配しておりましたが、ワインに合う2種類のクッキーを完成させました。佐久間農園(ご自身で栽培された)バジルを乾燥させて使用するなど、材料にもこだわっています。発表会には間に合わないかも・・・とおっしゃっていた生キャラメルをのせたクッキーも発表されました。

    <焼き菓子クラス受講しての感想>
    作り方や材料によって食感や風味が変わることを勉強できてよかったです。
    Photo
    2017年1月ご入会 細川さんの作品
    レモンのサブレ&レモンとパルメザンチーズのサブレ 
    <講評>
    レモン味にこだわった作品。チーズ、レモン、アーモンドの組み合わせは砂糖の量に悩まれたそうですが、周りにザラメ糖をつけて甘みの他、食感もプラスして見事に調和させました。

    <焼き菓子クラス受講しての感想>
    研究の授業が疑問の解決に繋がりました。牛乳を使うとどうなるか全卵と卵黄の違いなど、自分の好みがどこにあるのか解ったのが良かったです
    自分のオリジナルが出来たので友達にプレゼント出来ます。
    Photo
    2011年12月ご入会 矢野さんの作品
    カカオニブサブレ
    <講評>
    今まで苦手だった「絞り」にあえて挑戦し練習することで苦手意識も克服!チョコレートコーティングも綺麗です。100円ショップでラッピンググッズを探すのが楽しかったとおっしゃるとおり、クッキーがイキイキしていて、見ていて楽しい作品になりました。
    <焼き菓子クラス受講しての感想>
    製法、水分、材料によって味や食感の違いがこんなにもでるものなのだと今回のレッスンで強く感じることができました。食べ比べはこのクラスならでは体験だと思うので、経験できて良かったと思っています。また、サブレの試験やオリジナルレシピを製作するにあたり、練習を重ねたり工夫を重ねたりとお菓子と真剣に向き合う時間がうまれ緊張はしたものの楽しい時間となりました。やはり美味しいものを作る時間はお菓子教室に通う人としてとっておきの時間でした。
  • Photo
    アイコン2017年4月2日 エキスパートコース(パイ&ショコラクラス)発表会

    昨年10月からスタートしたエキスパートコースパイクラス、ショコラクラスの発表会を行いました。6ケ月間の特訓でパイ生地の折り込みやショコラのテンパリングをマスターした皆様。自慢のオリジナルお菓子を披露しました。

    Photo
    2014年2月ご入会 伊勢谷さんの作品
    プチパイ(ショコラ・シナモン・アーモンド)
    <講評>
    パイ生地に砂糖はほとんど入っていないため、生地に対しての副材料(ショコラ・シナモン・アーモンド)の分量を悩まれていました。副材料や砂糖は多めにしないと味にインパクトがなくなってしまいます。発表会ではバランスのとれたサクサクで美味しい〜プチパイを披露してくださいました。

    <パイクラス受講しての感想>
    「練習あるのみ」を実感するクラスでした。自分ではなかなか生地から作ることはなく、苦手意識も強かったため思い切ってエキスパートクラスを受講したが、予想以上に大変でした。一方で、パイ生地の仕組みが分かっただけでなく、何度も練習したことで苦手意識も薄まり、作れるものが増えたことが純粋に嬉しい。コツを忘れないように、継続的に作っていこうと思います。
    Photo
    2013年7月ご入会 山川さんの作品
    スイートポテトパイ
    <講評>
    別レッスンで作ったスイートポテトの生地をパイに詰めた作品。食感をだすために大学芋もはいっています。中に詰めるスイートパイの分量を試行錯誤した結果、たっぷり餡のはいったパイが出来上がりました。 

    <パイクラス受講しての感想>
    折り込み時、麺棒への力のかかり具合が左右均等ではなく、厚みに差が出てしまいがちでしたので、常に意識しました。何度も練習することで、家での折り込み作業が苦でなくなりました。パルミエはこんなに頑張っているのに、この枚数しか出来ないんだと知りました。工程を知ることで、パティスリーのお菓子の価格を納得出来るようになりました。
    Photo
    2013年7月ご入会 佐久間さんの作品
    ワインに合う 生ハムとチーズのパイ
    <講評>
    おつまみパイは生ハムやチーズ、トマトなど副材料にもこだわりました。発表会では紅茶といただきましたが、次回は是非シャンパーニュと合わせていただきたい!と思わせるとっても美味しい作品でした。

    <パイクラス受講しての感想>
    パイ生地の延ばし方がどうもうまくいかなかったのですが、パイクラスに参加して、何とか人並みにできるようになったかと思うと、参加してよかったです。
    Photo
    2013年7月ご入会 山川さんの作品
    チョコレートビスケット 
    <講評>
    全粒粉ビスケットとチョコレートを組み合わせチョコレート菓子。テンパリングに苦労され、受講中の提出物(宿題)も再提出になったりと難しさを実感されたようです。パイクラスと平行しての受講を活かし、キットカット風のチョコレートはパイ生地の残りを活用して作りました。

     <ショコラクラスを受講しての感想>
    バレンタイン時期に受講していたので、バレンタインギフトに作ることが出来、ワンランク上の詰め合わせが贈れました。実習をしなければ伝わらないことも多いので、受講したことは知識と技術の向上に繋がったと思います。
  • Photo
    アイコン2017年1月28日 エキスパートコース(タルト、メレンゲクラス 発表会)

    昨年7月から開講しました新コース「エキスパートコース」の第1回発表会を行いました。
    素敵ないちごのタルトをお披露目してくださったのは、メンバーの橘さんと山川さん。
    熱心に何度も試作を続けられたおふたりの成果は、とても素晴らしい作品となりました。
    写真左は試験作品のタルトポワール。

    PhotoPhotoPhoto
  • Photo
    アイコン2016年10月11日 2016ジャパン・ケーキショー東京  ギフト菓子部門 出品
     「ガトー・アナナス」 銅賞受賞

    2016年10月11日〜13日開催の2016ジャパン・ケーキショー東京 ギフト菓子部門に出品した作品「ガトー・アナナス」が銅賞を受賞しました。お教室で大人気のパイナップルケーキを進化させた作品です。

  • Photo
    アイコン2016年9月23日 第一回全日本マカロンコンクール 審査員特別賞受賞

    全日本マカロン協会主催のマカロンコンクールで、審査員特別賞をいただきました。書類審査を通過した19の作品を、著名なシェフ達が外観、味覚審査を行い入賞者が決まりました。惜しくも優勝は逃しましたが、プロのシェフからの講評をいただき素晴らしい経験をさせていただきました。コンクール当日の模様はこちらで紹介されています。

    クリスマスをイメージした出品作品
     「マカロン・ノエル」 スペキュロス(スパイス)とキャラメル、チョコレートの組み合わせ

    PhotoPhoto
  • Photo
    アイコン2016年7月3日 Sweet Ribbon10周年イベント&ディプロマクラス発表会

    7月1日に10周年を迎えたSweet Ribbon。ディプロマクラス6名の皆様によるオリジナルケーキの発表会と共にイベントを行い、たくさんの皆様にご参加いただきました。

    PhotoPhoto

    ディプロマクラス6名のオリジナルケーキ

    2008年3月 ご入会 濱田さんの作品 グレープフルーツと抹茶のムースレシピはこちら

    ケーキ屋さんで見つけた組み合わせをヒントに考案したアントルメ。得意な絞りでデコレーションしました。

    2011年10月 ご入会 大村さんの作品 agrumes
    レシピはこちら

    オレンジ味のレアチーズとカスタード。4種類の生地・クリームを層にして仕上げたのは、丁寧なお仕事ができる証拠です。

    2013年3月 ご入会 栗田さんの作品 Cake a la ChataignePhoto

    大好きな栗をふんだんに使ったケーク。30回以上の試作の上、生み出されたそのしっとり感は雑妙です。

    2014年3月 ご入会 
    河原さんの作品 エピ
    Photo

    ご主人と営むお店の看板商品に!と試行錯誤を繰り返し、ようやく完成したプチガトー。渾身の作品です。

    2013年1月 ご入会 伊藤さんの作品
    まどかPhoto

    仙台名物「ずんだ」を使用したシュー菓子。ずんだのグリーンが鮮やかです。苦手なシューをあえて選ぶことで、克服しました。

    2010年1月 ご入会 佐藤さんの作品Grandma’s Good Ol’ P
    Photo

    アメリカのおばあちゃんの味「ルバーブ」をタルトにしました。ご自慢の一品として作り続けてほしいです

  • Photo
    アイコン2013年3月31日 ディプロマクラス発表会&終了式を行いました

    入門クラスから始めたお菓子作り。基礎、応用クラスと進んだ皆さんが、一歩進んだところでお菓子作りを見つめ直す場。それがディプロマクラスです。試験課題3つ。そしてオリジナルケーキの考案・発表と3ケ月間、日々忙しいなかでチャレンジされた皆さん、本当にお疲れ様でした!この成果は、ゲストとしてお越しいただいたメンバーの皆さんの「美味しい〜!!」という声でおわかりのとおり、素晴らしい出来栄えでした。これからもメンバーの皆さんのチャレンジに期待しております。

    PhotoPhoto

    ディプロマクラス皆さんの発表作品

    レシピはこちら

    ディプロマクラス終了の皆様には左記の修了証(ディプロマ)をお渡しします

    早川さんの作品 抹茶のダックワーズphoto

    焼菓子が大好きな早川さんらしい、かわいくキュートな春らしい作品です。抹茶の色、苦みのバランスを考え、何度も試作しました。バタークリームが重くならないよう、お菓子全体の甘さも考慮しています。試食用に作ったプチダックワーズは皆さんにも大好評でした。

    竹久さんの作品 柚子のシフォンケーキPhoto

    柚子の香りが楽しめるように生地に入れる材料を吟味した作品です。ふんわりとしたシフォンケーキを作るために、生地に入れる水分量や油量を調整しました。試作のために使用した卵の数はいったい何個??

    志知さんの作品 3種のタルトレット
    Photo

    フランボワーズ、アプリコット、ブルーベリーの3種類のフルーツを使用したタルト。 フレッシュ、冷凍、缶詰・・・・どんな材料を使用すればより美味しいかを探求した作品です。試作数は数え切れず・・・そのおかげでフォンサージュ(タルト生地の敷き込み)のテクニックも上達しました。

  • Photo
    アイコン2013年3月30日 写真家川合麻紀先生のフォトレッスンレポート

    川合麻紀先生のお招きして、久しぶりのフォトレッスンを開催いたしました。ご参加いただいた皆様には、数種類の被写体を撮影していただきました。小物(カップ)の位置を変えたり、カメラのアングルを変えたり・・・・絞りや露出を変えたり・・・ひとつの被写体で何種類も撮ることができます。人気のパンケーキは川合先生がご持参された素敵な色合いの小物で魅力UP。被写体の脇役を変えることでもいろいろなイメージを作ることができます。

    PhotoPhoto
  • Photo
    アイコン2013年1月27日 バレンタインイベント@西武池袋本店
    シェフズcotta Sweet Ribbonお菓子とラッピングを開催しました!

    製菓材料・ラッピング資材の通販サイトcottaさん主催のバレンタインイベント「シェフズcotta Sweet Ribbonお菓子とラッピング」を西武池袋本店7階キッチン売り場会場にて開催いたしました。90分のイベントで前半はバレンタイン向けのプチ焼菓子のデモンストレーション、後半はラッピング実習を、3回行いました。ほとんどがはじめましての方でドキドキでしたが、楽しいイベントとなりました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

    PhotoPhotoPhoto
    PhotoPhoto
  • Photo
    アイコン2010年3月 スターブランドClub in Sweet Ribbon 第2弾 イベントレポート

    小さな会社のブランド戦略を手掛ける スターブランド社とのイベントを開催しました。昨年のベーグルイベントに続き2回目です。昔懐かしい「カスタードプリン」VS「最近人気のなめらかプリン」と題し、このふたつのプリンの材料・作り方・味の違いを、実際にプリン作りを実習し、出来たプリンを食べながら検証しました。懐かしいカスタードプリンは全卵と牛乳、なめらかプリンは卵黄と生クリーム、作り方はほぼ同じですが、火の入れ方を若干変えてみました。食べ比べでは・・・全く違う食感に驚くみなさん。。。そして、単なる食べ比べだけでは終わらないスターブランドクラブの皆さん。プリン大好きのスターブランド社フロントマン村尾隆介氏 と日頃から起業を目指しているクラブメンバーはさすがに熱い!!
    最後には、プリン屋さん事業計画のミーティングのようになっていました。
    スターブランド社のBlogでもイベントの様子が紹介されています。

    PhotoPhotoPhoto
    リンク
  • Photo
    アイコン2009年9月5日 スターブランドClub in Sweet Ribbon イベントレポート

    Starbrand スターブランド社 村尾隆介氏率いるスターブランドCLUBのメンバーがSweet Ribbonに集合!ベーグル作りで盛り上がりました。定番ドーナツ型のベーグルのほか、お花型のベーグルも大人気 焼き上がったベーグルは、用意した具材を各自セルフサービスでサンドウィッチにしていただきました。ベーグル作りに加え、村尾氏のブランディングに関するお話や、ご参加された皆様とのコミュニケーションはとても楽しく、有意義な時間でした。スターブランド社は、小さな会社のブランド戦略を、書籍、講演、セミナー、ワークショップ、コンサルティングを通じて、ブランディングのノウハウを教え伝えている会社です。スターブランド社のHPはこちらから

    PhotoPhotoPhoto
    リンク
  • Photo
    アイコン2009年7月 お菓子コンテスト&3周年Party 開催

    <開催概要>
    7月で3周年を迎えるSweet Ribbon。
    メンバーの皆様のお菓子作りの成果を発表する場としてお菓子コンテストを開催します。
    参加条件: Sweet Ribbonメンバー
    参加費 : ¥2,500(おひとり 1作品、3周年Party参加費含)
    出品作品 : Sweet Ribbon レッスンで作ったお菓子 又は お菓子本(はじめてさんのケーキ&クッキー)に掲載されているお菓子のアレンジ品とそのレシピ

    例)入門クラスで作るマフィンのアレンジ。 基本の生地に砕いたオレオを入れて、OREOミニを飾って焼きました。 レッスンで使用しているオレンジピールとチョコレートをオレオに変えた アレンジです。
    ・出品作品は、お皿やかごに盛付けてプレゼンテーションしていただきます。 ・お菓子大好きな方々にお集まりいただき、厳選なる審査を行います。 レシピのアイデア、見た目、味など総合的な審査となります。 メンバーから審査員(参加費\2,000)の募集も同時に行います。
    ・出品作品のレシピ集を作成し、参加された皆様へ配布します。また作品は当日撮影後、ポストカードにしてプレゼントします。 優秀作品には素敵なプレゼントをご用意しております。

    ・Sweet Ribbon レッスンチケット
    ・お菓子道具(お菓子の型など)
    ・Sweet Ribbon オリジナル菓子セット

    コンテスト終了後はSweet Ribbonオリジナルのお菓子や軽食で3周年Partyを開催いたします。たくさんのご参加、お待ちしております。

    Photo
    <コンテストレポート>

    教室開設以来初めての試みでしたが、6名のメンバーの皆さまにご参加いただけたことを大変感謝します。お教室のレシピにとらわれず、それぞれのアイデア、レシピで素晴らしいお菓子を披露してくださった皆さんを誇りに思います。Sweet Ribbonお教室を支えているのはメンバーの皆さんひとりひとりだということをあらためて感じました。本当にありがとうございました。
    参加された皆様へは参加賞、優秀賞、審査員特別賞のおふたりにはお菓子型とレッスンチケットをプレゼントさせていただきました。コンテスト当日はおひとりづつスタイリングしたお菓子を撮影しましたお写真とレシピはレシピ集として参加された皆さんに配布する他、お教室でもご覧いただけます

    マンゴーレアチーズケーキ

    濱田さんの作品
    マンゴーレアチーズケーキ

    今回一番多くの得点を得られ、優秀賞を獲得しました。おめでとうございます♪
    濱田さんは日々繰り返しお菓子作りをされているため、仕上がりの完成度も高く、味のバランスもとてもよかったです。ビスキュイも完璧でしたね。
    これからますます腕を磨かれることを期待しています。

    抹茶&ホワイトチョコマフィン

    江崎さん
    抹茶&ホワイトチョコマフィン


    お菓子作り初心者さんでSweet Ribbonレッスンをスタートした江崎さん。短期間でアレンジができるようになったことは大変素晴らしいです。ラッピングをしたマフィンは今回の作品中最もSweet Ribbonのテーマ、「贈るお菓子」にぴったりな出品作品でした。審査員特別賞受賞です。おめでとうございます♪

    ブーシェ3種
    加藤さん
    ブーシェ3種

    おそらく出品作品の中で最も時間をかけて作られたと思われる加藤さんのブーシェ。お菓子の魅せ方まで工夫されたプレゼンテーションに加藤さんの熱い情熱を感じました。お菓子作り上達には愛情も情熱も必要です。
    加藤ワールドの広がりが楽しみです。
    チョコ&ココナッツケーキ

    本間さん
    チョコ&ココナッツケーキ

    ドーム型のチョコレートケーキは形がかわいく、デコレーションもお洒落にできていました。手先が器用な本間さんらしいお菓子だったと思います。チョコレートなのに、ココナッツで夏っぽく、食感も楽しく工夫されていました。これからのレッスンで作るお菓子もいろいろなアイデアで進化させてください。

    オレンジのベイクドチーズケーキ

    松本さん
    オレンジのベイクド
    チーズケーキ

    プレーンなベイクドチーズケーキの濃厚さとオレンジの爽やかさがマッチしたお菓子に仕上がっていました。コアントローの分量も絶妙で、角型のアイデアもよかったです。
    少し前まではお菓子道具は何も持っていなかった松本さんの目覚しい発展に目を見張るばかりです。これからも目が離せません!

    ヨーグルトのレアチーズケーキ

    間山さん
    ヨーグルトのレアチーズケーキ

    ヨーグルトを利用したケーキは、暑い夏でもさっぱりと美味しくいただけるデザートとして、ぴったりでした。お皿に添えたグレープフルーツの彩りもよく、綺麗な一皿になりました。
    これからもレッスンで習得したお菓子作りをお仕事に活かせるように一緒に勉強していきましょう。

  • Photo
    アイコン2009年6月 日仏学院(東京)での美食の祭典に、メンバーの皆さんと参加

    ピエールエルメ氏の講演の他、ル・コルドン・ブルーのお料理やお菓子のデモンストレーション、シャンパンやワイン、フロマージュ、パンなどの販売もあり、そこはまるでフランス。今回エルメ氏はショコラの味覚について講演されました。彼のこだわり、職人としてのテクニックだけではなく味覚をいかに楽しむかが伝わるお話で、ますますファンになりました。Sweet Ribbonメンバーの皆さんと一緒に学んだり、飲んだり、食べたり・・・・とっても楽しい1日でした。

    PhotoPhotoPhotoPhoto
  • Photo
    アイコン2008年9月 Sweet Ribbon2周年 Sweets Photo Lessonレポート

    7月12日(土)Sweet Ribbon2周年イベント Sweets Photo Lessonが開催されました。たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。レッスンは午前と午後のふたクラス。受講者の皆さんの自己紹介とレッスンでの抱負を一言いただくことから始まりました。その後スコーンのデモンストレーション、簡単なスコーン実習、カメラ機能講座、撮影実習、スコーンの試食、質疑応答・・と3時間のレッスンは盛りだくさん。 とても楽しい1日となりました。Sweets Photo Lessonの詳細はこちら

    PhotoPhotoPhoto
  • Photo
    アイコン2007年9月30日 Sweet Ribbon Partyを開催

    2007年9月30日、Sweet Ribbon DAYと題し、都内お菓子屋さんのケーキを集めPartyを行いました!!お腹をすかせて集合したメンバーの皆さん。はじめはちょっと遠慮気味?でしたが、食べ始めたとたんにぎやかに・・ 途中、塩味ほしさにマクドナルドにお買い物に行くメンバーも・・・塩味でお口直し?した後にまたスイーツをもりもり・・ 今回注目のお菓子はオーボンビュータンの”ガトーピレネー”バウムクーヘンの原型ともいえるお菓子は素朴な優しい 味わいで人気でした。Sweet Ribbonオリジナルマカロン4種(塩キャラメル・プラリネ・カフェ・フランボワーズ)も大好評♪普段レッスンでは顔を合わせないメンバー同士の交流もでき、楽しい時間を過ごことができました。

    PhotoPhoto

ページのTOPへ