ブログ「隈部美千代のおやつ時間」

タルトの製法と仕上げ方

タルトの製法と仕上げ方

いちじくタルト、写真上と下、何が違う?
このふたつのタルトは材料、配合はほぼ同じですが、製法と仕上げ方の違いで見た目、食感、味が変わります。

18cmタルトリング使用 あんずジャム仕上げ

タルト生地の厚さ4mm
製法ではフォンサージュ(敷き込み)のテクニックが必要
アーモンドクリーム+いちじく
焼き込みタルト
仕上げ あんずジャム+ピスタチオ
★焼きっぱなしに比べて上品で、焼き菓子というよりケーキ感がでます。

15cmセルクル使用 クランブルがけ


タルト生地の厚さ5mm
フォンサージュ不要(サイドにタルト生地なし)
空焼き後、アーモンドクリーム+いちじく+クランブル
仕上げ 焼きっぱなし
★タルト生地が厚く、空焼きしているのでよりサクサクで香ばしく、クッキー感が強いです。あんずジャムで仕上げに比べて素朴な焼き菓子系です。

タルト作りで最も重要なこと

同じ材料でも全然違うお菓子になるから面白い。形が崩れてしまったり、フルーツののせ方にセンスがなくても(笑)気にしなくて全然大丈夫。最も重要なことは茶色く色付くまでしっかり焼くこと。しろっぽいタルトは、粉っぽい、甘ったるい、生っぽい、絶対NGです。

タルトだけを学ぶクラスがあるスイートリボンのレッスン

スイートリボンにはそんな奥深いタルトだけを学ぶレッスンがあります。まだちょっと先ですが、テーマ別コース「タルトテクニックを学ぶ」クラスは9月からの募集です。体験レッスンでは初回基本のタルト、アマンディーヌを作ります。

  • 隈部美千代
  • 隈部美千代

    スイーツプロデューサー ル・コルドンブルー東京校、パリルノートル他、ドイツ、スイスなど国内外でお菓子、料理、パンを学び2006年東京・門前仲町にてお菓子教室スイートリボン開業、14,000名以上に指導。失敗の少ない基本の配合やプロの技術を取り入れたノウハウはもちろん道具の手入れやラッピングまで丁寧な指導が評判。
    テレビや雑誌の仕事も多くこなし、著者としてのお菓子本を数多く出版しています。
    お菓子販売や企業とのタイアップレッスンなど幅広く活躍しています。

カテゴリー

最近の記事

SNSでも情報発信中!
フォローお願いします

  • Instagram
  • twitter
  • LINEgram
  • facebook
  • YouTube

予約受付中のレッスン

    • 1DAY
    1DAY バウムクーヘン

    「お菓子レッスン」の日程

    リンク
    • 1DAY
    1DAY ローズフィナンシェ

    「お菓子レッスン」の日程

    リンク
    • 1DAY
    1DAY マカロン

    「お菓子レッスン」の日程

    リンク
    • Patissier
    レシピ開発にチャレンジ

    「お菓子レッスン」の日程

    リンク
    • Patissier
    憧れの焼き菓子屋さん

    「お菓子レッスン」の日程

    リンク
    • Theme
    理論で学ぶお菓子作り

    「お菓子レッスン」の日程

    リンク
    • Theme
    基本のお菓子

    「お菓子レッスン」の日程

    リンク
    • Theme
    かわいいクッキー缶作り

    「お菓子レッスン」の日程

    リンク
    • Theme
    バターケーキアレンジ

    「お菓子レッスン」の日程

    リンク
    • Theme
    タルトテクニックを学ぶ

    「お菓子レッスン」の日程

    リンク
    • Theme
    チーズケーキのすべて

    「お菓子レッスン」の日程

    リンク
    • Theme
    シュークリームアレンジ

    「お菓子レッスン」の日程

    リンク
    • Theme
    メレンゲのお菓子とクリーム

    「お菓子レッスン」の日程

    リンク
    • Theme
    ロールケーキを究める

    「お菓子レッスン」の日程

    リンク
    • Anniversay
    アニバーサリーケーキ

    「お菓子レッスン」の日程
    ご希望の日時でマンツーマンのプライベートレッスンも可

    リンク
    • Online
    オンラインレッスン<基本のお菓子>

    「ZOOMオンラインレッスン」の日程
    毎月第2日曜日10時~変更の場合あり

    リンク